つるし飾りのまち 大治町

初節句を迎える娘の健やかな成長と良縁を願って大治町文化協会所属団体 雅の会により手作りされ、一針一針縫われた「雛のつるし飾り」は、それぞれに言い伝えと願いが込められています。願う事柄が、具体的な形となって飾られるところに特徴があり、「母から娘へ 娘から孫へ」幾種もの人形などにひとつひとつ想いを込め、子どもたちの幸せを願う愛情の形です。
桃の節句の時期には、このような願いを込めた「雛のつるし飾り」を、 町役場、公民館、スポーツセンター、総合福祉センター、老人福祉センターなどの施設で飾ったり、町内の金融機関などで飾っていただくなどしています。日ごろは、公民館の2階で常設展示しています。みなさん、一度ご覧ください。

雛のつるし飾りの画像

雛のつるし飾り

AIチャットボット