農地法第3条の許可により農地の所有権などの権利を取得する場合、取得後、最低50アールの耕作面積を確保する必要があります。(下限面積)

 しかし、全国一律に扱うことは実情に適さないため、地区ごとに必要な耕作面積を県知事が別に定めていましたが、改正農地法(平成21年法律第57号改正)により、県知事に代わって農業委員会が新たに定めることとなりました。

 大治町における別段面積は以下のとおりです。

地域
面積
大治町全域
20アール(2反)

AIチャットボット