新型コロナウイルス感染拡大防止等のため、大治町国民健康保険の被保険者が、新型コロナウイルス感染症に感染した場合、または発熱等の症状があり感染が疑われた場合に、その療養のため労務に服することができなかった期間に傷病手当金を支給します。(支給は一定の要件を満たした場合になります。)

支給要件

下記が要件となりますが、給与収入の全部または一部を受けることができる方に対しては、給与を受けることができる期間は傷病手当金の金額が調整されたり、支給できない場合があります。

1.対象者

大治町国民健康保険に加入している被保険者(給与の支払いを受けている方)で、新型コロナウイルス感染症に感染した、または発熱等の症状があり感染が疑われ、療養のために労務に服することができない方

2.支給対象となる日

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から、労務に服することができなかった期間(最長1年6カ月)のうち、労務に就くことを予定していた日

3.支給額

(直近の継続した3カ月間の給与収入の合計額÷就労日数)×2/3×日数(支給対象となる日数)

4.適用期間

令和2年1月1日(水曜日)~令和3年6月30日(水曜日)
※変更の場合があります。

申請方法

申請には下記の申請書をご用意いただく必要があります。
なお、後期高齢者医療保険の被保険者についても同様ですので、詳しくは、事前に保険医療課(052(444)2711)へご連絡ください。

1.(世帯主が記載)振込先などを記載したもの

2.(被保険者が記載)症状が出た日や帰国者・接触者相談センターへの相談日などを記載したもの

3.(事業主が記載)勤務状況(直近3カ月間の就労日数および療養のために休んだ期間)や直近3カ月に支払われた給与を記載したもの

4.(医療機関が記載)傷病名や労務不能と認められた期間等を記載したもの

AIチャットボット