一般不妊治療(産科・婦人科・泌尿器科・皮膚泌尿器科)を標榜する医療機関で「不妊症」と診断され、人工授精をされた方について、費用の一部を助成しています。
 必要書類を持参の上、来所してください。

特定不妊治療費助成事業について

愛知県では、特定不妊治療に対する助成を行っています。
医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる特定不妊治療(体外受精または顕微授精)を受けた場合、その費用の一部を助成する事業です。

詳しくは、愛知県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

不育症検査費助成事業について

愛知県では、不育症検査に対する助成を行っています。
この事業は、先進医療として実施された保険診療適用外の「流産検体を用いた染色体検査」を受けた場合、その費用の一部を助成する事業です。

詳しくは、愛知県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

AIチャットボット