下水道の種類

 下水は雨水と汚水(家庭や工場等からの排水)に分類されます。これを排除する下水道は、県や町が整備、管理しますが、規模や目的によっていくつかの種類に分類されます。

1.公共下水道

 主に市街地の下水を排除、処理する下水道で市町村が整備、管理します。1つの市町村単独で汚水を処理するための終末処理場を有するもの(単独公共下水道)と、流域下水道に接続し、汚水の処理をその終末処理場にまかせるもの(流域関連公共下水道)の2種類があります。
 大治町は、津島市、愛西市、弥富市、あま市、蟹江町とともに、日光川下流流域下水道に接続する流域関連公共下水道です。

2.流域下水道

 河川や湖の流域を1つの単位として、2つ以上の市町村の汚水を集めて処理する広域な下水道で、市町村から出る汚水を集める幹線管渠・ポンプ場と汚水を処理する処理場を県が整備、管理します。

よごれた水がきれいになって自然に帰るまで

図:よごれた水がきれいになって自然に帰るまで

下水道の排除方式

下水には汚水と雨水がありますが、この下水を排除する方式には次の2種類があります。

1.分流式

 汚水と雨水を別々の管で集めて排除します。汚水は終末処理場で主に微生物の働きを利用して処理し、そのあと海や川へ放流します。雨水はそのまま川や海に放流します。 
 分流式では、汚水は汚水専用の管を通って処理場へ運ばれるため、川が汚水で汚れることはなく、住みよいまちづくりに適した方式といえます。
 大治町では分流式で下水道を整備します。

2.合流式

 汚水と雨水を同じ管で排除し、終末処理場で処理する方式です。

下水道の施設

下水道の施設には、次のようなものがあります。

1.下水道管

 汚水を流すための管であり、一般的には円形で、直径が150mmから流量によって大きくなります。また、管の途中には維持管理のためマンホールを設置します。

2.排水設備

 公共下水道に汚水を流すために、各家庭の敷地内に設置していただく、管やますなどの設備で、公共汚水ますへ接続します。排水設備は下水道を使用される方で設置管理をしていただきます。

図:排水設備

3.公共汚水ます

 各家庭や事業所等から排水される汚水をまとめるためのますで、取付管へ接続します。下水道を使用される方の敷地内に、原則として1個設置し、町が管理します。

4.取付管

 公共汚水ますから汚水を適切な状態で排水するための管で、下水道管へ接続します。取付管は町が設置管理します。

5.ポンプ場

 下水道は、自然流下を原則としており、下水道管を埋設する場合、適当な地形勾配がなく、河川横断など障害があると著しく深くなります。このような場合、管の途中にポンプ場を設け、一旦汚水を地表近くまで汲み上げます。なお、大治町内に、日光川下流流域下水道の中継ポンプ場の設置予定はありません。

6.終末処理場

 集めた汚水を浄化するための施設です。弥富市上野町に位置する日光川下流浄化センターが処理場になります。

AIチャットボット