愛知県海部郡大治町:OHARU TOWN Official Website

文字サイズを変更する
文字サイズを小さくする
文字サイズを通常に戻す
文字サイズを大きくする
色の変更
文字と背景の配色を白地に黒字で標準に戻す
文字と背景の配色を黒地に白字に変更
文字と背景の配色を黄地に青字に変更
文字と背景の配色を青地に白字に変更

トップページ > 健康・福祉|国民健康保険 > 限度額適用認定証

健康・福祉

限度額適用認定証

■70歳未満の方は、入院前に必ず「限度額適用認定証」の申請をしてください

 70歳未満の方が入院したとき、自己負担分(医療費の3割)を全額自己負担して、後から申請により高額療養費の自己負担限度額を超えた分が支給されましたが、保険証と「限度額適用認定証」を医療機関に提示することで、入院時の窓口での支払いが高額療養費の自己負担限度額までとなります。限度額を超えた分は医療機関が本町国民健康保険に請求し、国民健康保険から医療機関に直接支払われます。
 高額療養費の自己負担限度額は、所得区分(下表)に応じて異なります。医療機関の窓口でその所得区分を明らかにするために「限度額適用認定証」が必要になります。入院が決まったら、入院前に認定証の交付申請をしましょう。

70歳未満の人の自己負担限度額(月額)
所得区分   3回目まで 4回目以降
「総所得金額等」※
上位所得者 901万円超(ア) 252,600円
+(医療費-842,000円)×1%
140,100円
600万円超(イ)
901万円以下
167,400円
+(医療費-558,000円)×1%
93,000円
一般
上位所得者以外の住民税課税世帯
210万円超(ウ)
600万円以下
80,100円
+(医療費-267,000円)×1%
44,400円
210万円以下(エ) 57,600円 44,400円
住民税非課税世帯(オ) 35,400円 24,600円

※「総所得金額等」=総所得金額(収入総額-必要経費-給与所得控除-公的年金等控除等)-基礎控除(33万円)

70歳以上75歳未満の人の自己負担限度額(月額)
所得区分   外来+入院(世帯単位) 4回目以降
外来(個人単位)
現役並み所得者 Ⅲ(課税所得
690万円以上)
252,600円
+(医療費-842,000円)×1%
140,100円
Ⅱ(課税所得
380万円以上)
167,400円
+(医療費-558,000円)×1%
93,000円
Ⅰ(課税所得
145万円以上)
80,100円
+(医療費-267,000円)×1%
44,400円
一般
(課税所得
145万円未満等)
18,000円 57,600円 44,400円
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 8,000円 15,000円

※年間(8月~翌年7月)の限度額は144,000円

(一般、低所得者Ⅰ・Ⅱだった月の外来の合計の限度額です。)

■入院前に申請を忘れずに!

 保険証・世帯主名義の印鑑(スタンプ式を除く)・国民健康保険加入者の前年中の所得が確認できるものを持参のうえ、役場保険医療課窓口で申請してください。前年中の所得が確認できるものは省略できる場合があります。

 認定証が交付されるのは、保険税の滞納のない優良納付者に限ります。

 保険税を滞納している方は、これまでどおり窓口で医療費の3割を全額自己負担します。

お問い合わせ
保険医療課:電話 052(444)2711

ページ先頭へ戻る

大治町役場
〒490-1192 愛知県海部郡大治町大字馬島字大門西1-1 TEL 052 (444) 2711[代表] FAX 052 (443) 4468
開庁時間 午前8時30分~午後5時15分

役場への行き方

Copyright(c) OHARU TOWN.All Right Reserved.