後期高齢者医療制度における2割負担の導入について

後期高齢者医療制度では2022年(令和4年)10月1日から、一定以上の所得のある方(75歳以上の方等)は、窓口負担割合が3割の方を除き、医療費の窓口負担割合が2割になります。

 

2割負担に変更になる方は、後期高齢者医療の被保険者全体のうち約20%の方です。

 

ご自身の負担割合に関しては9月ごろに送付される保険証でご確認ください。

 

詳細に関しましては、以下のリーフレットか愛知県後期高齢者広域連合のホームページをご覧ください。

 

2割負担リーフレット(pdf:511KB)

 

愛知県後期高齢者医療広域連合のページ(外部リンク)

 

AIチャットボット