海部区域が光化学スモッグの予報・注意報発令区域に指定されました

全国的に光化学スモッグの発生が増加しています。健康被害の未然防止にご協力ください。

光化学スモッグって何?

 自動車からの排出ガスや工場のばい煙に含まれる窒素酸化物や炭化水素が、太陽の紫外線を受けて化学反応を起こすと「光化学オキシダント」と呼ばれる物質が発生し、白くモヤがかかったようになったりします。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。
光化学スモッグが発生すると、目がチカチカしたり息苦しくなる場合があります。特に、子供たちや気管支などに疾患がある人が屋外で活動している場合に影響が出やすいといわれています。

光化学スモッグはいつ発生するの?

 光化学スモッグの発生は、気象の影響を強く受けます。
 次の気象条件となる4月から10月にかけて発生しやすく、特に7月から8月にかけては注意が必要になります。

光化学スモッグが発生しやすい条件

  1. 気温が高い
  2. 日差しが強い
  3. 風が弱い

光化学スモッグの発生を知るには?

  愛知県では、光化学オキシダントを始め大気汚染物質の測定を行っています。
 光化学オキシダントが高濃度となったときには、「光化学スモッグ予報」や「光化学スモッグ注意報」などを発令します。
 県民の皆さんへは、県のホームページ、携帯電話向けWebサービスや市町村、新聞、ラジオ等を通じてお知らせしています。

携帯電話のテレホンサービス

  • i-mode:メニューリスト→東海メニュー→行政/便利サービス→モバイルネット愛知→花粉・節水・光化学スモッグ
  • Ezweb:エリア→中部→タウンガイド・交通・行政→モバイルネット愛知→花粉・節水・光化学スモッグ
  • Yahoo!ケータイ:メニューリスト→地域メニュー→東海メニュー→行政→モバイルネット愛知→花粉・節水・光化学スモッグ

インターネットアドレス

光化学スモッグ予報等の発令基準
発令区分 発令基準
予報 オキシダント濃度が0.08ppm以上となり、かつ、気象状況からみて注意報以上の状態が発生することが予想されるとき
注意報 オキシダント濃度が0.12ppm以上となり、かつ、気象状況からみてその状態が継続すると認められるとき
警報 オキシダント濃度が0.24ppm以上となり、かつ、気象状況からみてその状態が継続すると認められるとき
重大警報 オキシダント濃度が0.40ppm以上となり、かつ、気象状況からみてその状態が継続すると認められるとき

予報や注意報、警報が発令されたらどうすればいいの?

被害の未然防止が最も大切です。

  • 屋外での激しい運動は避けましょう。
  • 病弱な子供や当日体調の悪い子供は室内で休ませましょう。
  • 警報発令時には、風向きを考えて窓を閉めましょう。

被害が発生したらどうすればいいの?

適切な措置

  1. 屋外での運動中にあっては、運動を中止してください。
  2. 症状に応じ、うがいや洗眼をしてください。
  3. 室内に入り、窓を閉めるなど外の空気が入らないようにしてください。
  4. 症状が改善しない場合は、直ちに医師の手当を受けてください。

被害発生の連絡

 大治町では、光化学スモッグの健康被害を最小限に止めるために関係機関と協力して対処しています。平日(8時30分〜17時30分)は、大治町保健センター(444-2714)、土・日・祝祭日は大治町役場(444-2711)まで報告してください。

  1. 被害発生時間
  2. 被害発生場所
  3. 被害を受けた人の状況(人数、年齢、性別など)
  4. 主な症状(のどの痛みや目がチカチカするなど)
  5. 被害発生時の状況
  6. 措置の状況(医師の受診の有無)

光化学スモッグ連携機関

  • 津島保健所
  • 愛知県民センター環境保全課
  • 大治町役場関係部局
  • 大治町教育委員会
  • 町内開業医院
  • 海部東部消防本部
AIチャットボット