1.大治町公共下水道計画

 大治町の公共下水道は、平成15年に事業着手し、約50年間で都市計画決定区域611haの整備を目標に事業を進めています。

当初決定

平成15年度から平成21年度までの7年間を事業認可期間、97haを事業認可区域として整備します。

事業認可期間 平成15年度から平成21年度
事業認可区域 97ha

第1回変更

事業認可期間を4年間延伸し、平成25年度までを事業認可期間として整備します。

事業認可期間 平成15年度から平成25年度
事業認可区域 97ha

第2回変更

事業計画期間を5年間延伸し、平成30年度までを事業計画期間として整備します。

事業計画期間 平成15年度から平成30年度
事業計画区域 97ha

第3回変更

事業計画区域を拡大し、平成30年度までを事業認可区域として整備します。

事業計画期間 平成15年度から平成30年度
事業計画区域 123ha

第4回変更

事業計画区域を拡大し、平成35年度までを事業認可区域として整備します。

事業計画期間 平成15年度から平成35年度
事業計画区域 137ha

2.下水道が使えるまで

下水道が使えるようになるまでの順序

1段階 事業計画周知(広報・告示板等)
2段階 調査・測量・設計
3段階 工事説明(戸別訪問)
4段階 工事の実施(公共汚水ます設置)
5段階 供用開始告示
6段階 供用開始
7段階 排水設備工事
8段階 下水道の使用開始

 工事は年度ごとに区域を定め、段階的に施工していきますが、その際には戸別訪問等を実施し、住民のみなさんに工事施工についてお知らせするとともに、「公共汚水ます等設置申請書」の提出をお願いしますので、ご理解とご協力をお願いします。

AIチャットボット